オイシックスの問題点を調べる

最近話題のオイシックスですが、オイシックスの問題点はないんでしょうか。

 

使っているとわかってくるオイシックスの問題点について見ていきましょう。

 

 

ネットで注文して食材を届けてもらえるサービスは、子供が小さい方であったり、フルタイムで会社勤務していて買い物に行けない方にとってはたいへん便利なサービスですよね。

 

オイシックスもそうしたサービスの一つですが、使ってみると問題点が見えてきます。

 

 

オイシックスを利用する上での一番の問題点は、やはり価格でしょう。オイシックスは近くにあるスーパーの宅配を利用するよりもかなり高いんです。

 

 

便利に買い物ができるのはいいんですが、それでもやっぱり価格が高くてはなかなか利用できません。

 

安心で安全な食材がそれっで手に入るなら……という考え方もありますが、やはり少しでもお得に手に入れたいと思ってしまうものです。

 

 

具体的なところを言うと、オイシックスだけに当てはまることではないんですが、ネットの宅配でお魚を買うと、大きさが小さいんです……。

 

ふつうに近所のスーパーで買うものの三分の二ぐらいしかないのに、スーパーのお魚よりも値段は高くなってます。

 

 

スーパーで100円で買えるお魚が、オイシックスでは小さいのに130円する、といった具合です。

 

 

宅配する分のコストがありますから、そのあたりを見込むと仕方ないのかもしれませんが、やっぱりちょっと残念な気分になります。

 

 

野菜を買うときにも問題点はあって、旬の野菜以外が売ってないことです。

 

旬の野菜だけ食べてればいいのかもしれませんが、そうもいかない時ってありますよね。

 

そうなると、オイシックスだけでは足りなくて、結局野菜を買うために近くのお店に行く羽目になってしまいます。

 

 

こんな風に、オイシックスのような宅配サービスは万能選手ではないので、そのあたりを理解した上で使うようにしないといけません。

 

 

とはいえ、問題点ばかり上げるのもフェアではありませんよね。オイシックスにはいいところもたくさんあります。

 

ほかのネット宅配ではあまりないんですが宅配時間の指定ができるのは便利だと思いますし、万一受け取れなかったときにはweb上でキャンセルすることができるとか、商品を自由に組み合わせることができるなどがいい点としてあげられるかと思います。

 

ネット宅配ごとに、可能不可能が千差万別のようですので、利用前によく調べるか、本格的に使う前にお試し期間を設けるなど、利用者側にも工夫が必要ということなのでしょう。

80年の歴史を持つキャラバンコーヒー

コーヒー専門店、キャラバンコーヒー。

 

今では関東に多くの店舗を構えているキャラバンコーヒーですが、創業80年になるんですよ。

そんなキャラバンコーヒーの80年の歴史をご紹介しましょう。

 

 

キャラバンコーヒーは、1928年 (昭和3年)、横浜の馬車道で生まれました。

この時代は新しいものがどんどん入ってきた時代。

コーヒーも庶民のあいだに浸透していったのです。

キャラバンコーヒーは、そんな時代から横浜の人々に愛されているのです。

 

キャラバンコーヒーでは、創業当時からコーヒー豆と焙煎にこだわり続けてきました。

そうやって長きに渡り、キャラバンコーヒーの味を育んできたのです。

そして、これがキャラバンコーヒーの歴史なのです。

キャラバンコーヒーの歴史とは、創業当時から変わらぬ味への追及なのです。

 

そんなキャラバンコーヒーの歴史はコチラです。

 

<キャラバンコーヒーの年間史>

☆1928年(昭和3年) キャラバンコーヒー、横浜馬車道で開業。当時の社名はミカド商店。

☆1937年(昭和12年) キャラバンコーヒーの缶詰コーヒー、ドイツへの輸出開始。

☆1944年(昭和19年) コーヒーの輸入がストップ。

☆1947年(昭和22年) 本社を山下町へ移転し、紅茶から再開。

☆1956年(昭和31年) 西ドイツより焙煎機を輸入。

☆1970年(昭和45年) 西ドイツよりフルオートマチックの焙煎機を輸入。

☆1971年(昭和46年) 社名をキャラバンコーヒー株式会社に変更。東京国立に1号店を開店。

☆1980年(昭和55年) 横浜に無公害焙煎工場を設立。

☆2001年(平成13年) グァテマラ・カップオブエックセレンスのコーヒー農園をオークションで落札。スペシャルティコーヒー事業を本格的に開始。

☆2006年(平成18年) 青山に本社を移転。 社名をユニマットキャラバン株式会社に変更。

 

 

キャラバンコーヒーは、戦前から現在に至るまで、数々の困難の乗り越えてきたのですね。

80年ものあいだ会社を維持できたのも、美味しいコーヒーを作り続けるというキャラバンコーヒーの信念があったからですね。

 

これからも、キャラバンコーヒーの看板となるような、美味しいコーヒーを作り続けて、

私たちを楽しませて欲しいです。

 

キャラバンコーヒーの今後に大いに期待しましょう。

 

 

アトピーで悩むなら足裏樹液シート

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は私の身の回りにも少なくありません。

 

そもそもアトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンであり、除去する事は最大の予防法でもあり治療法でもあります。

 

ここでは足裏樹液シートとアトピー性皮膚炎との関係をお伝えします。

 

結論から言うと、足裏樹液シートを使い続ける事によって原因となるアレルゲンを減らしていく事が出来ます。

アトピー性皮膚炎をお持ちの方なら分かると思いますが、通常の治療にはステロイドを使います。

ですが、ステロイドは注意して使わないと副作用がありますので気にされている方も多いのではないでしょうか?

 

話は戻りますが、足裏樹液シートはむくみの除去や疲労回復等様々な効果がありますが、アレルゲンを排出してくれる役目もあります。

その為、少しずつではありますが痒さが減っていきます。

注意して頂きたいのは足裏樹液シートを貼った部分にアレルゲンが集まって来ますので、一時的に痒くなってしまいます。

 

上記の文を見た方には痒くなるのであればと利用しないと考える方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、足裏樹液シートを使い続けていく事でこのアレルゲンを徐々に減らしていく事も可能になりますので続けていく事をオススメします。

 

増え続けるアトピー性皮膚炎は病気と異なり免疫の過剰反応によるものですので、治すのが困難である事は充分理解しているつもりです。

足裏樹液シートは通常はむくみの除去や疲労回復等に利用するシートですが、アトピー性皮膚炎をお持ちの方にも是非使って頂きたいです。

 

お手軽に試せる足裏樹液シート、利用する価値はあります。

青汁とベジパワープラスのメリット

皆さんの中には、ベジパワープラスというと、数ある一般的な青汁の中の1つ、だと思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方のために、ここでは一般的な青汁とベジパワープラスの違いについて解説します。

 

そもそも青汁とは、大麦若葉やヨモギ、小松菜、ケールなどの緑黄色野菜のうちの1つから絞った汁のことを言い、一般的な青汁は、これらの絞った汁にほかの素材の味や栄養素を加えることで、飲みやすく加工したもののことです。

 

これに比べてベジパワープラスは、一般的な青汁に含まれる緑黄色野菜をはじめ、海藻や多肉植物、さらにはクロレラやビフィズス菌などもバランスよく配合されており、より栄養価が高くなっています。これにより、一般的な青汁だと、1つの緑黄色野菜の栄養しか摂取できなかったことに比べ、ベジパワープラスは多くの素材の栄養価を一度にまとめて摂ることが可能なため、日々の栄養管理には最適なのです。

 

ベジパワープラスに含まれている海藻には、日本人になじみのあるコンブに含まれるミネラル成分が使われていますし、多肉植物であうアロエやユッカなども日本人にはなじみ深い食材なので、安心感もありますよね。

 

手軽に一度で豊富な栄養を摂取できるベジパワープラスですが、一般的な青汁の持つ独特の苦みなどはなく、お子さんでも飲みやすい味に仕上がっているので、初めてベジパワープラスを飲む方にとっても、飲みやすい味付けになっています。

 

ベジパワープラスは一度に多くの栄養を摂ることができ、飲みやすい味になっていることが、青汁は1つの栄養素を効率よく摂ることができるということが、それぞれメリットとして挙げられます。ご自身の健康状態や求める内容によって、飲み分けることがいいのではないでしょうか。

イージーヨーパワーは放射能にも効果あり!?

手作りヨーグルトのイージーヨーは、美味しくて栄養価の高いヨーグルトが、誰でも簡単に作れると、世界中で人気なんです。

 

 

ところで、放射能の内部被ばくってご存じですか?

原子力発電所の事故以来、放射能による汚染や被ばくは、より身近なものになり、本当に恐ろしいものです。

放射能対策は、これからますます重要になってきますよね。

 

そんな放射能対策に、イージーヨーが効果的なんですよ!

 

何故、イージーヨーは放射能対策に有効なのでしょうか。

それは、放射性物質である放射性ストロンチウムと関係があるのです。

 

放射性ストロンチウムは、体内に入ると吸収され、そのまま残ってしまうのです。

そこで、カルシウムを多く摂取すると、ストロンチウムの濃度が薄められ、

体内への吸収が抑制されるのです。

 

カルシウムよりも放射能対策に効果的な食品には、海藻があります。

海藻に含まれるアルギン酸には、ストロンチウムを体外へ排出する力が、カルシウムよりも強力なのです。

でも、小さなお子さんに海藻をたくさん食べさせることは難しいですよね。

 

そこで、イージーヨーの出番なのです。

カルシウムいっぱいのイージーヨーは、とっても美味しいので、お子さんも毎日食べれくれますよ。

もちろん、お子さんだけでなく、年配の方にも食べやすいですね。

 

またイージーヨーには、美容効果や整腸効果もありますから、ダイエットにも効果的です。

 

放射能の影響で健康被害をもたらす危険は、他人事ではありません。

放射能から家族を守るためにも、放射能対策にも有効なイージーヨーを、家族みんなで毎日食べましょう。

ひとてまいを愛用している芸能人

毎日食べるご飯が栄養たっぷりになってしまうのがひとてまいです。しかもスプーン1杯のひとてまいを振りかけるだけでいいんです。

 

ひとてまいは芸能人にも愛用している人がいるそうです。タレントの東原亜希さんなんですがモデルやグラビアやキャスターなど、色々な場面で活躍しています。

 

現在30歳なんですがわかりますかね?柔道家の井上康生さんの奥さんです。2人のお子さんがいます。スポーツ選手の奥さんですから健康管理に興味がわいたそうです。そして、資格も取得したりしています。

 

栄養管理にかなりこだわっている東原さんは、ひとてまいをブログで紹介したりしています。なぜひとてまいを知ったのかというと、友達が使っていたからということだそうです。

 

芸能人で健康に気を使っている人の主食の定番と言えば雑穀米ですよね。栄養価が高いと注目されています。でも、好きな人は好きですが、そうでない人もいて、好みがかなり分かれるんですね。

 

実際に東原さんのお家でも子供は雑穀米が嫌いだったそうです。ですから白米を食べるしかなく、もで何とかして栄養をとらせてあげたいと思ったそうです。

 

雑穀米にも入っている栄養素をとることができるのがひとてまいでもあります。白米のままですし、雑穀米が苦手な人でも、ひとてまいご飯ならおいしく食べることができます。ひとてまいは健康にも良く、美容にも良いということですから、東原さんのお家ではピッタリだったそうです。

 

東原さんは家族の健康のためということで、ひとてまいを大活躍させています。ご飯だけではなく、ひとてまいを色々な料理に活用しているそうです。

 

まずは朝ご飯の定番、お弁当の定番でもある卵焼きです。ひとてまいを入れると黄色がさらに鮮やかになり、とろとろになるそうです。

 

さらに、子供というのはどうしても野菜嫌いです。なかなか食べてくれなくて困っているというお家は多いのではないかと思います。これは東原さんのお家でも同じだったそうです。でも、ひとてまいを使うだけで、野菜の栄養素を摂取できるということで、これはかなりありがたい存在でもあるようです。

 

ひとてまいご飯は冷めてしまっても、おいしく食べられます。お弁当にはもってこいのご飯ですよね。

 

東原さんのように徹底的に健康管理というのは難しいことかもしれませんが、ひとてまいをとりいれるだけで、十分家族の健康管理に繋がります。ひとてまいで、家族の健康管理をしてみませんか?