80年の歴史を持つキャラバンコーヒー

コーヒー専門店、キャラバンコーヒー。

 

今では関東に多くの店舗を構えているキャラバンコーヒーですが、創業80年になるんですよ。

そんなキャラバンコーヒーの80年の歴史をご紹介しましょう。

 

 

キャラバンコーヒーは、1928年 (昭和3年)、横浜の馬車道で生まれました。

この時代は新しいものがどんどん入ってきた時代。

コーヒーも庶民のあいだに浸透していったのです。

キャラバンコーヒーは、そんな時代から横浜の人々に愛されているのです。

 

キャラバンコーヒーでは、創業当時からコーヒー豆と焙煎にこだわり続けてきました。

そうやって長きに渡り、キャラバンコーヒーの味を育んできたのです。

そして、これがキャラバンコーヒーの歴史なのです。

キャラバンコーヒーの歴史とは、創業当時から変わらぬ味への追及なのです。

 

そんなキャラバンコーヒーの歴史はコチラです。

 

<キャラバンコーヒーの年間史>

☆1928年(昭和3年) キャラバンコーヒー、横浜馬車道で開業。当時の社名はミカド商店。

☆1937年(昭和12年) キャラバンコーヒーの缶詰コーヒー、ドイツへの輸出開始。

☆1944年(昭和19年) コーヒーの輸入がストップ。

☆1947年(昭和22年) 本社を山下町へ移転し、紅茶から再開。

☆1956年(昭和31年) 西ドイツより焙煎機を輸入。

☆1970年(昭和45年) 西ドイツよりフルオートマチックの焙煎機を輸入。

☆1971年(昭和46年) 社名をキャラバンコーヒー株式会社に変更。東京国立に1号店を開店。

☆1980年(昭和55年) 横浜に無公害焙煎工場を設立。

☆2001年(平成13年) グァテマラ・カップオブエックセレンスのコーヒー農園をオークションで落札。スペシャルティコーヒー事業を本格的に開始。

☆2006年(平成18年) 青山に本社を移転。 社名をユニマットキャラバン株式会社に変更。

 

 

キャラバンコーヒーは、戦前から現在に至るまで、数々の困難の乗り越えてきたのですね。

80年ものあいだ会社を維持できたのも、美味しいコーヒーを作り続けるというキャラバンコーヒーの信念があったからですね。

 

これからも、キャラバンコーヒーの看板となるような、美味しいコーヒーを作り続けて、

私たちを楽しませて欲しいです。

 

キャラバンコーヒーの今後に大いに期待しましょう。