青汁とベジパワープラスのメリット

皆さんの中には、ベジパワープラスというと、数ある一般的な青汁の中の1つ、だと思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方のために、ここでは一般的な青汁とベジパワープラスの違いについて解説します。

 

そもそも青汁とは、大麦若葉やヨモギ、小松菜、ケールなどの緑黄色野菜のうちの1つから絞った汁のことを言い、一般的な青汁は、これらの絞った汁にほかの素材の味や栄養素を加えることで、飲みやすく加工したもののことです。

 

これに比べてベジパワープラスは、一般的な青汁に含まれる緑黄色野菜をはじめ、海藻や多肉植物、さらにはクロレラやビフィズス菌などもバランスよく配合されており、より栄養価が高くなっています。これにより、一般的な青汁だと、1つの緑黄色野菜の栄養しか摂取できなかったことに比べ、ベジパワープラスは多くの素材の栄養価を一度にまとめて摂ることが可能なため、日々の栄養管理には最適なのです。

 

ベジパワープラスに含まれている海藻には、日本人になじみのあるコンブに含まれるミネラル成分が使われていますし、多肉植物であうアロエやユッカなども日本人にはなじみ深い食材なので、安心感もありますよね。

 

手軽に一度で豊富な栄養を摂取できるベジパワープラスですが、一般的な青汁の持つ独特の苦みなどはなく、お子さんでも飲みやすい味に仕上がっているので、初めてベジパワープラスを飲む方にとっても、飲みやすい味付けになっています。

 

ベジパワープラスは一度に多くの栄養を摂ることができ、飲みやすい味になっていることが、青汁は1つの栄養素を効率よく摂ることができるということが、それぞれメリットとして挙げられます。ご自身の健康状態や求める内容によって、飲み分けることがいいのではないでしょうか。